自然共生型アウトドアパーク フォレストアドベンチャー

ブログ

【全体ブログ】第6回:キャノピーコースあるあるネタ

フォレストアドベンチャー・ファンの皆様、
コンニチワ!!

まだまだ寒い時期が続いておりますが、
立春を過ぎて梅の花の季節?となり、
今か今かと、春の足音が待ち遠しいですね!
あと1ヶ月半もすれば春休みに突入!
フォレストアドベンチャーの本格シーズン到来ですよ!

さあ、ほぼ週一の当ブログもはや6回目、
本日も元気にいきましょう!

まず、フォレストアドベンチャーには、
下記3種類のコースがあります。
●アドベンチャーコース
●ディスカバリーコース
●キャノピーコース

その中でも、身長110cm以上から利用可能で、
最も幅広い世代のお客様にご利用いただける、
『キャノピーコース』。小さいお子様から
ご年配の方まで、イロイロなお客様がご利用されるので、
他のコースよりもいろいろな意味で賑やかです(笑)。

本日は、ちょっと脱力系ネタとして、運営スタッフの
『キャノピーコースあるあるネタ』をご紹介します。

 ※あくまで著者の勤務する某関東の
   フォレストアドベンチャーでの話です。

 

①ギャップ萌

元気なお子様が集うキャノピーコース。
もう安全ベルト装着時から、たいていのお子様は
テンションMAX。もちろん、それぞれの個性が
あるので、静かに闘志を燃やす玄人的なお子様も。

しかし、安全講習が終わって、本番コースに突入すると、
お子様ぞれぞれの本性が表れます(笑)。

安全講習までは大人しく、『緊張してるかな?大丈夫かな?』と
スタッフの心配をヨソに、これまた黙々と
(しかも親御さんを後ろに置き去りにして)進む子が
いるとおもえば、その逆に安全講習までは
テンション全開、大ハシャギだったのに、
いざコースに登り、最初の吊り橋で・・・
『もうやめたい…(´;ω;`)』…(ノ∀`)

IMGP2226

さらに、さっきまで号泣で吊り橋を渡っていたのに、
笑顔でジップスライドを滑る・・・。

IMGP6297

『女心と秋の空』ならぬ、
『チビッコ心とキャノピーの空』。
チビッ子の心はめまぐるしいのです。
そんなギャップ萌に癒される
(振り回される?) スタッフの日々です。(・ω・)ノ

 

②屈強な保育士

ワタシの勤務するパークでは、
キャノピーコースは男性スタッフ、
しかも屈強なスタッフが担当することが多いです。

ヤンチャな男子(笑)はモチロン、
怯えている子を『高いタカイ』で励ます(?)
技術は、腕力が重要になります。

スタッフによっては、小学校高学年でも軽々と
持ち上げます。その様子は、さながら動物えn・・・
ではなく(汗)、にぎやかな保育園さながら。

さらに、コース上で恐怖のあまり
心折れて進めなくなったチビッ子のヘルプに
上がるときも、屈強な保育士さんは大活躍です。

1924328_662172683869246_5608575117079053536_n

時には笑顔でお子様を軽々と持ち上げ、背中を押し、
(※保護者の方には許可をもらっております。)
グイグイコースを進む様は、ピンチのチビッ子にとって
特撮ヒーロー並みの神々しさを放って見えることでしょう。
さあ、全国チビッ子!
屈強な保育士さんのいるキャノピーコースへ
レッツゴー!!

 
③お父さん・お母さんを労ろう

ワタシの勤務するパークでは、閑散期・平日に限り、
ごくたまにキャノピーコースをもう1周サービスすることもあります。
(※必ずではありません、アシカラズ)

ただしそういう場合、

チビッコ:はやく行こうよ!(゚∀゚)
保護者:ちょ…チョット休もう…(´Д`)

というパターンがちょくちょく見られます。

チビッコよ・・・
もう少しお父さんお母さんを労っておくれ。
平日はお仕事、休日は家族サービス。
パークでみせる保護者様の奮闘に、
涙を禁じ得ないスタッフなのです。(ノД`)

IMGP1254

 

④安心してください!楽しめます!

GWや繁忙期などは、予約でアドベンチャーコースが
満席ある日も珍しくありません。
そんな日にも、フォレストアドベンチャーを
よく知らず、フラッと来てしまった予約無しのお客様。

そういった場合は、大人だけのグループであっても、
キャノピーコースにご案内することもあります。

お子様だらけのキャノピーコースを見て、
『え〜っ!どうしよう?』と小一時間悩み、
『せっかく来たんだから』と、キャノピーコースへ。

30分後、そこらのチビッコに負けじと大歓声の
大人グループ。チビッコ達はいぶかしみ、
スタッフはホッと安心。
とにかく明るいキャノピーさん。
『安心してください!大人も楽しめます!』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
 
⑤またおいで!

多くの場合、キャノピーコースをご利用されるお客様は、
『初めてフォレストアドベンチャーをご利用』もしくは
『キャノピーコースのリピーター』がほとんどです。

ですので、キャノピーコースを終了し、
記念撮影が終わると、分かれ際に
『次はアドベンチャーコースで待ってるよ!』と一言。

新たな目標を手に入れた小さな勇者の目の輝きは、
日々の疲れや、彼らのコース上での暴挙(笑)を
いっぺんに忘れさせてくれます。

大きくなったらまたおいで!!(・ω・)ノ
大きくならなくてもまたおいで!!(・ω・)ノ

 

いかがだったでしょうか?
キャノピーコースあるあるネタ。

まあ、お客様である皆様には当然分かりづらいですよね、
でも大丈夫!キャノピーコースの楽しさは
パークにご来場頂ければ必ず分かります!
(↑論点のすり替え)

屈強な保育士一同、お待ちしております。
(たまに屈強じゃない保育士も居ます。)